スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シーズン10使用構築】バンドリマンダ

久しぶりの更新
シーズン9の終わりにメガボーマンダを使いたくなり、それならバンドリマンダを組もうということになって
長年バンドリを使っている知り合いと相談して組んだ構築
レートは1900前後で伸び悩んでしまいましたが知り合いにも同じ構築を使ってもらったところ
大会でいい結果をよく残してくれたりSKLで一位になってくれたりとなかなか良い構築にまとまったと思います。
名大オフでも使用しましたが3-1の予選落ちでした。
いろいろあってポケモンをしばらくやらなくなってしまったので公開

【使用構築】
248.png530.png373-m.png
637.png497.png350.png

バンドリメインというよりボーマンダメインになるように組んだ。
そのため選出はマンダバンドリorマンダ@2と単純なものになった。


【個別解説】

バンギラス@さらさら岩
性格:腕白 特性:砂起こし
ステータス(努力値):183(60)-162(60)-161(132)-×-121(4)-113(252)
技構成:岩石封じ/馬鹿力/冷凍パンチ/ステルスロック

砂起こし要員
調整はwhoさんからお借りしました→whoさんのブログ
詳しい調整は参考元に載っているので割愛
バンドリはガルーラに弱いのが難点と言っている方がいたのでガルーラをメタれるバンギラスはいないかなと思っていたら知り合いにこの型を教えていただいたので採用しました。
ガルーラやガブリアスなどの物理とかなり有利に殴りあえるので非常に強かったです。


ドリュウズ@命の珠
性格:意地っ張り 特性:砂かき
ステータス(努力値):185-205(252)-81(4)-×-85-140(252)
技構成:地震/岩雪崩/アイアンヘッド/剣の舞

天候エース
最初は鉄壁弱点保険で使っていたのですが、物理はマンダの威嚇やバンギラスである程度なんとかなると思ったのと
単純に火力がほしかったので命の珠にしました。
舞えば全抜きできる性能はありますがあまり舞える機会も多くなかったので
バンギとマンダで相手を削ったのちドリュウズで掃除するという勝ち方が多かったと思います。


ボーマンダ@ボーマンダナイト
性格:意地っ張り 特性:威嚇→スカイスキン
ステータス(努力値):175(36)-194(92)-152(12)-×-139(228)-158(140)
技構成:恩返し/竜の舞/身代わり/羽休め

今回の軸
調整はwhoさんからお借りしました
Aを舞った後、無振りのガブガルーラやH252マリルリを確定で落とせるラインまで確保し
Dを珠バシャのめざ氷を高乱数で耐えるところまで上げてあります。
Sはメガ進化後最速ランド抜き
相手のパーティにバシャーモがいた場合それだけでバンドリが出しづらくなるのはよくないと思い
バシャーモに確実に勝てるマンダはいないかと思っていたらまたまたこの型を教えていただきました。
威嚇と持ち前のBと多めに振ったDによって非常に舞いやすかったし、身代わりと羽休めで場持ちもよかったので使いやすかったです。
バンドリマンダのマンダを特殊で使っている人が多くみられましたが、バンドリと組ませるならこの型がベストだと使っていて実感しました。


ウルガモス@ラムのみ
性格:控えめ 特性:炎の体
ステータス(努力値):161(4)-×-85-205(252)-125-152(252)
技構成:大文字/ギガドレイン/蝶の舞/めざめるパワー氷

ボーマンダと相性のいいアタッカーとして採用
色んな型を試したが技の範囲が広いこの型に落ち着いた。
バンドリマンダはロトムやスイクンなどの水タイプ誘ってしまうのでごまかし程度にギガドレインを入れました。
特筆するところはありませんがマンダとの相性良好で選出しやすかったです。


ジャローダ@ゴツゴツメット
性格:臆病 特性:あまのじゃく
ステータス(努力値):173(180)-×-135(156)-95-115-170(172)
技構成:リーフストーム/リフレクター/蛇にらみ/光合成

バンドリが選出できなかった場合ガブガルーラが重すぎるのでそいつらに対して役割を持てるゴツメ枠として採用
ここまでで水タイプのポケモンも重たかったのでこのポケモンになった。
特殊ガルーラの増加によって使いづらくなったがそれでも地面に入る麻痺や打つたびCが上がるリフストは強力だった。


ミロカロス@神秘のしずく
性格:控えめ 特性:勝ち気
ステータス(努力値):197(212)-×-105(44)-167(252)-145-101
技構成:熱湯/冷凍ビーム/どくどく/自己再生

今回のマイオナ枠
ここの枠は瞑想スイクンで使っていたのですが、ポリクチやライボランドなどの威嚇回しパーティがどうしようもなかったので採用してみました。
C2↑の熱湯でメガクチートを確一 C1↑のポリ2のトライアタックを確定二発耐えるので
ポリクチにはとりあえず出しておけばかなり有利に立ち回れるようになると思います。
H-Bはメガクチートのじゃれつく耐え
熱湯は確定 ポリ2などの高耐久に打てるどくどく 回復ソースの自己再生
残りはマンダ等のドラゴンに打てる冷凍ビームにしました。
スイクンと同じ感覚で使っていると火力の高さと物理耐久の低さに驚きます。



構築のまとめ
マンムー、ゲッコウガ、バンドリが選出できない時の早い電気の特殊やリザードンが重かったです。
最初の方に書きましたが選出はマンダバンドリもしくはマンダ@2のパターンになると思います。
バンドリ@1の選出はなぜか僕にはできなかったのでそこらへんが僕の弱みだったと思っています。
今回初めてバンドリを使ってみてバンドリの強さや勝つためにどのように立ち回ればよいのかなどを考えるのが非常に楽しかったのでまた機会があれば使いたいと思います。

whoさんの調整を他の方からいただいて使っていたのですが運よくwhoさんと絡むことができる機会があり
勝手に使っていたことを快く承諾していただいたことやこうやって記事にすることを許していただいたことを非常に感謝しております。
最初の方に書きましたがが最近はあまりポケモンをやるモチベーションが上がらずポケモンから離れています
また機会があったらやると思いますが放送をすることやオフに出ることはしばらくないと思います。
最後になりましたがこの構築の相談に乗ってくれた方とwhoさん 本当にありがとうございました!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴウ

Author:ゴウ
ポケモンを適当に嗜んでる
詳しいことはTOP参照

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。