スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第5回福井オフ使用構築】 ガルーラローブシン

3/8に行われた第5回福井オフに参加してきました。
結果は予選6-1でブロック1位 本選準決勝でASさんに敗れ3決で勝利し3位でした。
半年ぶりに予選を抜けることができ個人的に満足しています。

今回使用した構築は2か月ほど前にゆにさんからガルーラローブシンの並びが強いと聞き、
XYに入ってから投げガルーラ以外のガルーラを使ったことがなく、まじめにガルーラ入りを考えようと思いました。
ガルーラローブシンを軸にして組み色々調整を加えた結果、対面構築になりました。
シングルフェスタでも使用する予定でしたが、構築の中身が若干割れてしまったのと飽きてしまったため公開

【使用構築】
115-m.png534.png642.png
094-m.png637.png445.png

構築のコンセプトとして対面で強いことは大前提とし、
受け先に大きな負担をかけられるポケモンを主に採用しました。


【個別解説】

ガルーラ@ガルーラナイト
性格:意地っ張り 特性:親子愛
ステータス(努力値):203(180)-194(252)-121(4)-×-122(12)-128(60)
技構成:捨て身タックル/グロウパンチ/地震/冷凍パンチ

今回の構築の軸
最初は意地AS猫捨て身で使っていたのですが、耐久ポケモンを後投げられるのが面倒だと感じ
受け先を無理やり突破できる203ガルーラを採用しました。
209ガルーラ抜きのスイクンなどがいるらしいと聞いたのでSを少しでも伸ばせる方にしました。
捨て身グロパンまでは確定でカバルドンが面倒なので冷凍パンチを入れ
一般的には不意打ちが入ってるところは地震にしました。
地震にした理由はグロパンした後に地震がないとクチートやナットレイなどの鋼タイプで止まってしまうという点と
不意打ちを読まれ行動されることも多くあると思い、地震を採用しました。
不意打ちがないと不便だと感じることもありましたが地震を入れることで打ち合えるポケモンが多くなり
汎用性を上げることができたのでこれでよかったと思います。


ローブシン@突撃チョッキ
性格:意地っ張り 特性:根性
ステータス(努力値):207(212)-198(156)-121(44)-×-97(92)-66(4)
技構成:ドレインパンチ/マッハパンチ/ストーンエッジ/叩き落とす

今回の構築の二体目の軸
ガルーラを見て選出されるゲンガーや鬼火を打ってくるポケモンに対して強く出れるので
ガルーラとの相性はかなり良いと思います。
H16n-1 Aは根性発動時にドレパンでスイクンを確3にできるラインまで上げ
DはリザYのオバヒ耐えまで振りました。
構築全体でリザードンやウルガモスなどの炎タイプが面倒なのでストーンエッジを採用しました
岩雪崩でない理由はリザXをストーンエッジ+マッハパンチで飛ばしたいからです。
叩き落とす+ガルーラの並びは優秀なので冷凍パンチを切り叩き落とすを採用しました。


ボルトロス@命の珠
性格:臆病 特性:悪戯心
ステータス(努力値):155(4)-×-90-177(252)-100-179(252)
技構成:10万ボルト/めざめるパワー氷/草結び/電磁波

上の二体で重たいゴツメスイクンやボーマンダの誤魔化しとして採用
対面構築に入ってくるボルトロスは図太いオボンが多いですが、
相手の攻撃を受けボルチェンで有利体面を作っていく働きではなく
このポケモン自体にも相手を突破しうる高い火力と素早さがほしいと思ったので
臆病CSにして珠を持たせました。
10万めざ氷は確定 相手のカバやマンムーがめんどくさいので草結びを採用
HPが残り少なくても仕事ができるように電磁波を採用しました。


ゲンガー@ゲンガナイト
性格:臆病 特性:かげふみ
ステータス(努力値):167(252)-×-101(4)-190-115-200(252)
技構成:シャドーボール/凍える風/鬼火/道連れ

裏のメガ進化枠で高い体面性能を持ち、相手のガルーラに最悪でも1:1をとれるポケモンとして採用
対ガルーラ性能を上げるためHに振り、ガルーラを安全に処理するために鬼火道連れを採用
メインウェポンとして通りのいいシャドボを採用し、
残り一枠は構築全体で重いランドロスやガブリアスやキノガッサに対面で勝てるように凍える風を入れました。
相手のパーティにガルーラがいた場合基本的に投げたいです
相手のパーティにガルーラがいてかつこっちのガルーラの通りがよかった場合
ゲンガーをメガ進化させない前提で選出することもしばしばありました。

ウルガモス@ラムのみ
性格:控えめ 特性:炎の体
ステータス(努力値):161(4)-×-85-205(252)-125-152(252)
技構成:大文字/虫のさざめき/蝶の舞/めざめるパワー地面

ガルーラを見て選出されるゲンガーやクレセスイクンなどの受けポケモンを起点にでき、
フェアリーに強めな枠として採用
火力重視の大文字と命中安定でそこそこ火力が出せる虫のさざめきと蝶の舞は確定
めざめるパワーのタイプですが、ボーマンダやガブに打てる氷でもよかったのですが、
クレセドランをまとめて突破できる駒がほしかったので地面にしました。
持ち物は珠やバシャやリザXに打つめざ地面の火力を上げる帯でもよかったのですが、
安定のラムを持たせました。


ガブリアス@ヤチェのみ
性格:陽気 特性:鮫肌
ステータス(努力値):183-182(252)-115-×-105-169(252)
技構成:逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

この枠は最初はカバルドンだったのですが、受けポケモンを採用することにより
どうしても後手に回ってしまうことが多くなると感じ、
ガルーラを上から殴ることができ電気の一環を切る枠としてガブリアスを入れました。
持ち物に関してですが有利体面をとり剣の舞を積んでから出てくる
クレセなどの受けポケモンを突破するためにヤチェを持たせました。
最近は図太いボルトが多くなっているのでボルトロス体面では剣の舞を打ちましょう。


選出回数
ガルーラ 6/11
ローブシン 9/11
ボルトロス 8/11
ゲンガー 6/11
ウルガモス 2/11
ガブリアス 2/11

構築の総括
スカガブやランドロスなどの地面タイプやサナマリルリのようなフェアリータイプが重たいです。
対面構築なので基本選出はないのですが、ボルトガルーラローブシンという選出が強いと思います。
選出を考える時ですが刺さってるポケモンを軸に考え
相手のパーティにいる刺さっているポケモンに強い駒をケアするポケモンを二体選出するという感じです。
この考えが正解とはいいがたいですが結果的に刺さっているポケモンを通すという意味ではいいと思いました。
ガルーラというポケモンをまじめに使いそれを軸にした構築を組んだのが初めてだったので
使い始めはどうすればガルーラをうまく扱えるかとかがさっぱりわかりませんでしたが
構築に対する理解を深めれば深めるほどガルーラも構築も上手く扱えるようになったと思います。
選出を間違えさえしなければ5分5分以上の試合ができるハイスペックな構築に仕上がったと思っています。

まとめ
前回の微粒オフが負け越しに終わりこの福井オフは本気で勝ちに行こうと思い
オフに出るときは地雷をよく採用するのですがそのようなこともせず
本気で勝ちに行った結果三位になることができて本当に良かったです。
関西方面のオフばかり出ていたので北陸は初めてですが
対戦した人と良くかかわれたので交流面でも満足いくオフでした。

最後になりましたが第5回福井オフの主催の方やスタッフ、参加者の皆さんありがとうございました!
スポンサーサイト

最近のクレセガルーラについて

コラム記事を書くのは初めてであり自分の思考を文章を伝えるのはあまり得意なほうではないと思っているので
そこらへんはご容赦ください。


最近レート潜っていて思ったことなのだが、クレセガルーラのガルーラの型を
流行りの209ガルーラにしているのがたまに見受けられる。

ここでのクレセリアは電磁波三日月型であることを前提で話を進める



クレセガルーラのガルーラを209グロパンガルーラにするのは
グロパン+捨て身で相手の高耐久ゴツメポケモンを突破し、
少しだけ残ったHPをクレセリアで再生しまたガルーラで暴れるという流れは一見理に適っているように見える。



だが疑問に思った点がいくつかある
Sをだいぶ落としたグロパンガルーラを再生したところで二度暴れることはできるのだろうか。
209ガルーラは有利体面を取り、あと投げされるポケモンを半ば強引に突破し、裏のポケモンの一貫をとる使い方が一番強いと思っている。
しかもグロパンガルーラの技構成は基本捨て身グロパン不意打ち冷凍パンチで猫騙しを切っている
そもそもクレセガルーラの基本形はガルーラのそこそこのSから猫捨て身で多くの相手を縛りある程度暴れた後に
クレセで再生するというものである。
そこそこのSから猫捨て身で多くの相手に有利をとるという点がクレセガルーラでの強みだと思っている。



209ガルーラを採用しても強いことには強いと思う
猫捨て身ガルーラでは突破することのできないゴツメポケモンを突破できるというところは非常に魅力的に感じる。

だがグロパン捨て身でゴツメポケモンを突破した時点でSを下げているガルーラであることはバレてしまい
次の再生した時点でグロパンを積む余裕はないと思う
そういうのも基本的にあのガルーラは交代を読んでグロパンを打つもので
グロパンを打つ際に相手に突っ張られたら相手のポケモンにもよるがガルーラが死んでしまうことが多いと感じる。
つまりSの下げているグロパンガルーラであることがばれた以上グロパンを打つ暇は生じないと思うのである。

グロパンを打たないと弱いのかというとそういうわけではないが二回目の再生の時点でグロパンが打てないのであれば
グロパンガルーラを採用する理由はないのではないかと思う。



それならばガルーラをAS猫捨て身で採用しほかのポケモンでゴツメポケモンをケア、もしくは叩き落とすポケモンと並べたほうが断然強いと思う。

実際グロパンガルーラ+三日月クレセリアの並びを使ったことはなく完全に机上論だけで述べているのでまったくの信憑性はないが、疑問に感じる点が多くあったので書いてみた。



実際にグロパンガルーラ+三日月クレセリアの並びを使っていて猫捨て身のやつより全然強いぞ~と思っている人がいればぜひ話を聞かせていただきたい。
プロフィール

ゴウ

Author:ゴウ
ポケモンを適当に嗜んでる
詳しいことはTOP参照

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。