スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第6回微粒オフ使用構築】悲しみの涙雨

2/14に開かれた微粒オフに参加してきました。
結果は3-4と負け越しましたが長く使っていた構築でもあるので記事にしました。

今回使用した構築はORASで新しくメガ進化を手に入れたラグラージを軸にした雨パーティです。
トノラグナットの相性がいいと聞いていたのでそこから組むことにしました。

使用構築



選出回数
ニョロトノ 4/7
ラグラージ 3/7
ナットレイ 5/7
ボルトロス 4/7
リザードン 3/7
クレセリア 2/7


【個別解説】

ニョロトノ@こだわりスカーフ
性格:臆病 特性:雨ふらし
ステータス:165-×-96(4)-142(252)-120-134(252)
技構成:ハイドロポンプ/熱湯/冷凍ビーム/ほろびのうた

雨降らし要員のスカーフニョロトノ
最初は脱出ボタンで使っていましたがラグラージの雨への依存度があまり高くなく脱出して欲しい場面も多くないと感じ、ニョロトノの単体性能を上げたいと思ったのでスカーフをもたせました。
Sはメガゲンガーを抜ける最速を確保し火力も失いたくないと思ったのでCにぶっぱしました。
技はハイポン熱湯冷凍ビームは確定でほろびのうたはあまり打たなかったので気合玉やめざパでもよかったかなと思いました。


ラグラージ@ラグラージナイト
性格:意地っ張り 特性:すいすい
ステータス:191(124)-222(252)-132(12)-×-133(24)-103(96)
技構成:滝登り/地震/冷凍パンチ/馬鹿力

雨下のエースメガラグラージ
トノラグの並びではメガ前のすいすい発動しないのを誤魔化すために守るを入れるのですがニョロトノが脱出ボタンを持っておらず、相手のパーティにナットレイがいるだけでラグラージを投げられないのはいけないと思い守るを切り馬鹿力を採用しました。
Sは雨下で最速135族抜き
火力が非常に足りていないので滝登りはアクアテールのほうがいいと思うこともありましたが怯みワンチャンにかけれる滝登りに落ち着きました。


ナットレイ@ゴツゴツメット
性格:呑気 特性:鉄の棘
ステータス:181(252)-120(44)-195(212)-×-136-22
技構成:パワーウィップ/ジャイロボール/やどりぎのたね/ステルスロック

トノラグでめんどくさい水ロトムのような水タイプを対処する枠
ガルーラもある程度ごまかして欲しいので物理寄りの配分にしゴツゴツメットを持たせました。
ファイアローやウルガモスなどの炎タイプも面倒だと感じたのでステルスロックを採用
電磁波をいれたいとも思いましたが切れる技がありませんでした。


霊獣ボルトロス@命の珠
性格:臆病 特性:蓄電
ステータス:155(4)-×-90-197(252)-100-168(252)
技構成:10万ボルト/気合玉/サイコキネシス/わるだくみ

トノラグが弱いガッサ以外の草タイプやスイクンを起点にしつつかつ突破できる枠として採用
サイキネはメガバナ 気合玉はナットレイに打つために入れました。
わるだくみを上手く積めれば三タテも狙える強力なポケモンだと思いました。


リザードン@リザードナイトX
性格:陽気 特性:かたいツメ
ステータス:161(60)-182(252)-131-×-105-159(196)
技構成:フレアドライブ/逆鱗/身代わり/龍の舞

ラグラージが倒せないロトムやナットレイ、構築全体で重いウルガモスを起点にできるメガ枠として採用しました。
メガボーマンダの登場により電磁波持ちが増えた印象を受けたのでニトチャ剣舞型ではなく身代わり龍舞にしました。
うまくハマれば相手に圧力をかけることが出来ましたが身代わりとフレドラでゴリゴリ削れたり逆鱗で固定されてしまったりなど慎重に扱わないといけないと思いました。


クレセリア@ひかりのねんど
性格:図太い 特性:浮遊
ステータス:223(220)-×-189(252)-95-150-109(36)
技構成:サイコキネシス/冷凍ビーム/リフレクター/ひかりのかべ

リザードンが舞うには壁などのサポートが必要だと思い壁クレセリアを採用
三日月の舞をどこかに入れたかったですが格闘に対しての打点であるサイコキネシスとマンダを削るための冷凍ビームはどうしても切れなかったのでこの技構成になりました。
クレセを起点にしてくるポケモンを裏で処理しずらかったのであまり出せなかった。


まとめ
壁クレセとリザX トノラグの並びは強いと思いましたがもう少しうまく使えればもうちょっと良い結果になったかな~と反省
当日は午前1-3のお通夜で対戦も適当になってしまい反省してもしきれません
うまくハマればラグラージも強力なメガポケモンになり得るポテンシャルを持っていると感じたので興味がある方は是非使ってみてください。

最後になりましたが微粒オフの運営やスタッフの方々、参加者の皆さんありがとうございました!
結果こそ振るいませんでしたが楽しめました!

スポンサーサイト
プロフィール

ゴウ

Author:ゴウ
ポケモンを適当に嗜んでる
詳しいことはTOP参照

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。