スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シーズン10使用構築】バンドリマンダ

久しぶりの更新
シーズン9の終わりにメガボーマンダを使いたくなり、それならバンドリマンダを組もうということになって
長年バンドリを使っている知り合いと相談して組んだ構築
レートは1900前後で伸び悩んでしまいましたが知り合いにも同じ構築を使ってもらったところ
大会でいい結果をよく残してくれたりSKLで一位になってくれたりとなかなか良い構築にまとまったと思います。
名大オフでも使用しましたが3-1の予選落ちでした。
いろいろあってポケモンをしばらくやらなくなってしまったので公開

【使用構築】
248.png530.png373-m.png
637.png497.png350.png

バンドリメインというよりボーマンダメインになるように組んだ。
そのため選出はマンダバンドリorマンダ@2と単純なものになった。


【個別解説】

バンギラス@さらさら岩
性格:腕白 特性:砂起こし
ステータス(努力値):183(60)-162(60)-161(132)-×-121(4)-113(252)
技構成:岩石封じ/馬鹿力/冷凍パンチ/ステルスロック

砂起こし要員
調整はwhoさんからお借りしました→whoさんのブログ
詳しい調整は参考元に載っているので割愛
バンドリはガルーラに弱いのが難点と言っている方がいたのでガルーラをメタれるバンギラスはいないかなと思っていたら知り合いにこの型を教えていただいたので採用しました。
ガルーラやガブリアスなどの物理とかなり有利に殴りあえるので非常に強かったです。


ドリュウズ@命の珠
性格:意地っ張り 特性:砂かき
ステータス(努力値):185-205(252)-81(4)-×-85-140(252)
技構成:地震/岩雪崩/アイアンヘッド/剣の舞

天候エース
最初は鉄壁弱点保険で使っていたのですが、物理はマンダの威嚇やバンギラスである程度なんとかなると思ったのと
単純に火力がほしかったので命の珠にしました。
舞えば全抜きできる性能はありますがあまり舞える機会も多くなかったので
バンギとマンダで相手を削ったのちドリュウズで掃除するという勝ち方が多かったと思います。


ボーマンダ@ボーマンダナイト
性格:意地っ張り 特性:威嚇→スカイスキン
ステータス(努力値):175(36)-194(92)-152(12)-×-139(228)-158(140)
技構成:恩返し/竜の舞/身代わり/羽休め

今回の軸
調整はwhoさんからお借りしました
Aを舞った後、無振りのガブガルーラやH252マリルリを確定で落とせるラインまで確保し
Dを珠バシャのめざ氷を高乱数で耐えるところまで上げてあります。
Sはメガ進化後最速ランド抜き
相手のパーティにバシャーモがいた場合それだけでバンドリが出しづらくなるのはよくないと思い
バシャーモに確実に勝てるマンダはいないかと思っていたらまたまたこの型を教えていただきました。
威嚇と持ち前のBと多めに振ったDによって非常に舞いやすかったし、身代わりと羽休めで場持ちもよかったので使いやすかったです。
バンドリマンダのマンダを特殊で使っている人が多くみられましたが、バンドリと組ませるならこの型がベストだと使っていて実感しました。


ウルガモス@ラムのみ
性格:控えめ 特性:炎の体
ステータス(努力値):161(4)-×-85-205(252)-125-152(252)
技構成:大文字/ギガドレイン/蝶の舞/めざめるパワー氷

ボーマンダと相性のいいアタッカーとして採用
色んな型を試したが技の範囲が広いこの型に落ち着いた。
バンドリマンダはロトムやスイクンなどの水タイプ誘ってしまうのでごまかし程度にギガドレインを入れました。
特筆するところはありませんがマンダとの相性良好で選出しやすかったです。


ジャローダ@ゴツゴツメット
性格:臆病 特性:あまのじゃく
ステータス(努力値):173(180)-×-135(156)-95-115-170(172)
技構成:リーフストーム/リフレクター/蛇にらみ/光合成

バンドリが選出できなかった場合ガブガルーラが重すぎるのでそいつらに対して役割を持てるゴツメ枠として採用
ここまでで水タイプのポケモンも重たかったのでこのポケモンになった。
特殊ガルーラの増加によって使いづらくなったがそれでも地面に入る麻痺や打つたびCが上がるリフストは強力だった。


ミロカロス@神秘のしずく
性格:控えめ 特性:勝ち気
ステータス(努力値):197(212)-×-105(44)-167(252)-145-101
技構成:熱湯/冷凍ビーム/どくどく/自己再生

今回のマイオナ枠
ここの枠は瞑想スイクンで使っていたのですが、ポリクチやライボランドなどの威嚇回しパーティがどうしようもなかったので採用してみました。
C2↑の熱湯でメガクチートを確一 C1↑のポリ2のトライアタックを確定二発耐えるので
ポリクチにはとりあえず出しておけばかなり有利に立ち回れるようになると思います。
H-Bはメガクチートのじゃれつく耐え
熱湯は確定 ポリ2などの高耐久に打てるどくどく 回復ソースの自己再生
残りはマンダ等のドラゴンに打てる冷凍ビームにしました。
スイクンと同じ感覚で使っていると火力の高さと物理耐久の低さに驚きます。



構築のまとめ
マンムー、ゲッコウガ、バンドリが選出できない時の早い電気の特殊やリザードンが重かったです。
最初の方に書きましたが選出はマンダバンドリもしくはマンダ@2のパターンになると思います。
バンドリ@1の選出はなぜか僕にはできなかったのでそこらへんが僕の弱みだったと思っています。
今回初めてバンドリを使ってみてバンドリの強さや勝つためにどのように立ち回ればよいのかなどを考えるのが非常に楽しかったのでまた機会があれば使いたいと思います。

whoさんの調整を他の方からいただいて使っていたのですが運よくwhoさんと絡むことができる機会があり
勝手に使っていたことを快く承諾していただいたことやこうやって記事にすることを許していただいたことを非常に感謝しております。
最初の方に書きましたがが最近はあまりポケモンをやるモチベーションが上がらずポケモンから離れています
また機会があったらやると思いますが放送をすることやオフに出ることはしばらくないと思います。
最後になりましたがこの構築の相談に乗ってくれた方とwhoさん 本当にありがとうございました!


スポンサーサイト

【第5回福井オフ使用構築】 ガルーラローブシン

3/8に行われた第5回福井オフに参加してきました。
結果は予選6-1でブロック1位 本選準決勝でASさんに敗れ3決で勝利し3位でした。
半年ぶりに予選を抜けることができ個人的に満足しています。

今回使用した構築は2か月ほど前にゆにさんからガルーラローブシンの並びが強いと聞き、
XYに入ってから投げガルーラ以外のガルーラを使ったことがなく、まじめにガルーラ入りを考えようと思いました。
ガルーラローブシンを軸にして組み色々調整を加えた結果、対面構築になりました。
シングルフェスタでも使用する予定でしたが、構築の中身が若干割れてしまったのと飽きてしまったため公開

【使用構築】
115-m.png534.png642.png
094-m.png637.png445.png

構築のコンセプトとして対面で強いことは大前提とし、
受け先に大きな負担をかけられるポケモンを主に採用しました。


【個別解説】

ガルーラ@ガルーラナイト
性格:意地っ張り 特性:親子愛
ステータス(努力値):203(180)-194(252)-121(4)-×-122(12)-128(60)
技構成:捨て身タックル/グロウパンチ/地震/冷凍パンチ

今回の構築の軸
最初は意地AS猫捨て身で使っていたのですが、耐久ポケモンを後投げられるのが面倒だと感じ
受け先を無理やり突破できる203ガルーラを採用しました。
209ガルーラ抜きのスイクンなどがいるらしいと聞いたのでSを少しでも伸ばせる方にしました。
捨て身グロパンまでは確定でカバルドンが面倒なので冷凍パンチを入れ
一般的には不意打ちが入ってるところは地震にしました。
地震にした理由はグロパンした後に地震がないとクチートやナットレイなどの鋼タイプで止まってしまうという点と
不意打ちを読まれ行動されることも多くあると思い、地震を採用しました。
不意打ちがないと不便だと感じることもありましたが地震を入れることで打ち合えるポケモンが多くなり
汎用性を上げることができたのでこれでよかったと思います。


ローブシン@突撃チョッキ
性格:意地っ張り 特性:根性
ステータス(努力値):207(212)-198(156)-121(44)-×-97(92)-66(4)
技構成:ドレインパンチ/マッハパンチ/ストーンエッジ/叩き落とす

今回の構築の二体目の軸
ガルーラを見て選出されるゲンガーや鬼火を打ってくるポケモンに対して強く出れるので
ガルーラとの相性はかなり良いと思います。
H16n-1 Aは根性発動時にドレパンでスイクンを確3にできるラインまで上げ
DはリザYのオバヒ耐えまで振りました。
構築全体でリザードンやウルガモスなどの炎タイプが面倒なのでストーンエッジを採用しました
岩雪崩でない理由はリザXをストーンエッジ+マッハパンチで飛ばしたいからです。
叩き落とす+ガルーラの並びは優秀なので冷凍パンチを切り叩き落とすを採用しました。


ボルトロス@命の珠
性格:臆病 特性:悪戯心
ステータス(努力値):155(4)-×-90-177(252)-100-179(252)
技構成:10万ボルト/めざめるパワー氷/草結び/電磁波

上の二体で重たいゴツメスイクンやボーマンダの誤魔化しとして採用
対面構築に入ってくるボルトロスは図太いオボンが多いですが、
相手の攻撃を受けボルチェンで有利体面を作っていく働きではなく
このポケモン自体にも相手を突破しうる高い火力と素早さがほしいと思ったので
臆病CSにして珠を持たせました。
10万めざ氷は確定 相手のカバやマンムーがめんどくさいので草結びを採用
HPが残り少なくても仕事ができるように電磁波を採用しました。


ゲンガー@ゲンガナイト
性格:臆病 特性:かげふみ
ステータス(努力値):167(252)-×-101(4)-190-115-200(252)
技構成:シャドーボール/凍える風/鬼火/道連れ

裏のメガ進化枠で高い体面性能を持ち、相手のガルーラに最悪でも1:1をとれるポケモンとして採用
対ガルーラ性能を上げるためHに振り、ガルーラを安全に処理するために鬼火道連れを採用
メインウェポンとして通りのいいシャドボを採用し、
残り一枠は構築全体で重いランドロスやガブリアスやキノガッサに対面で勝てるように凍える風を入れました。
相手のパーティにガルーラがいた場合基本的に投げたいです
相手のパーティにガルーラがいてかつこっちのガルーラの通りがよかった場合
ゲンガーをメガ進化させない前提で選出することもしばしばありました。

ウルガモス@ラムのみ
性格:控えめ 特性:炎の体
ステータス(努力値):161(4)-×-85-205(252)-125-152(252)
技構成:大文字/虫のさざめき/蝶の舞/めざめるパワー地面

ガルーラを見て選出されるゲンガーやクレセスイクンなどの受けポケモンを起点にでき、
フェアリーに強めな枠として採用
火力重視の大文字と命中安定でそこそこ火力が出せる虫のさざめきと蝶の舞は確定
めざめるパワーのタイプですが、ボーマンダやガブに打てる氷でもよかったのですが、
クレセドランをまとめて突破できる駒がほしかったので地面にしました。
持ち物は珠やバシャやリザXに打つめざ地面の火力を上げる帯でもよかったのですが、
安定のラムを持たせました。


ガブリアス@ヤチェのみ
性格:陽気 特性:鮫肌
ステータス(努力値):183-182(252)-115-×-105-169(252)
技構成:逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

この枠は最初はカバルドンだったのですが、受けポケモンを採用することにより
どうしても後手に回ってしまうことが多くなると感じ、
ガルーラを上から殴ることができ電気の一環を切る枠としてガブリアスを入れました。
持ち物に関してですが有利体面をとり剣の舞を積んでから出てくる
クレセなどの受けポケモンを突破するためにヤチェを持たせました。
最近は図太いボルトが多くなっているのでボルトロス体面では剣の舞を打ちましょう。


選出回数
ガルーラ 6/11
ローブシン 9/11
ボルトロス 8/11
ゲンガー 6/11
ウルガモス 2/11
ガブリアス 2/11

構築の総括
スカガブやランドロスなどの地面タイプやサナマリルリのようなフェアリータイプが重たいです。
対面構築なので基本選出はないのですが、ボルトガルーラローブシンという選出が強いと思います。
選出を考える時ですが刺さってるポケモンを軸に考え
相手のパーティにいる刺さっているポケモンに強い駒をケアするポケモンを二体選出するという感じです。
この考えが正解とはいいがたいですが結果的に刺さっているポケモンを通すという意味ではいいと思いました。
ガルーラというポケモンをまじめに使いそれを軸にした構築を組んだのが初めてだったので
使い始めはどうすればガルーラをうまく扱えるかとかがさっぱりわかりませんでしたが
構築に対する理解を深めれば深めるほどガルーラも構築も上手く扱えるようになったと思います。
選出を間違えさえしなければ5分5分以上の試合ができるハイスペックな構築に仕上がったと思っています。

まとめ
前回の微粒オフが負け越しに終わりこの福井オフは本気で勝ちに行こうと思い
オフに出るときは地雷をよく採用するのですがそのようなこともせず
本気で勝ちに行った結果三位になることができて本当に良かったです。
関西方面のオフばかり出ていたので北陸は初めてですが
対戦した人と良くかかわれたので交流面でも満足いくオフでした。

最後になりましたが第5回福井オフの主催の方やスタッフ、参加者の皆さんありがとうございました!

【第6回微粒オフ使用構築】悲しみの涙雨

2/14に開かれた微粒オフに参加してきました。
結果は3-4と負け越しましたが長く使っていた構築でもあるので記事にしました。

今回使用した構築はORASで新しくメガ進化を手に入れたラグラージを軸にした雨パーティです。
トノラグナットの相性がいいと聞いていたのでそこから組むことにしました。

使用構築



選出回数
ニョロトノ 4/7
ラグラージ 3/7
ナットレイ 5/7
ボルトロス 4/7
リザードン 3/7
クレセリア 2/7


【個別解説】

ニョロトノ@こだわりスカーフ
性格:臆病 特性:雨ふらし
ステータス:165-×-96(4)-142(252)-120-134(252)
技構成:ハイドロポンプ/熱湯/冷凍ビーム/ほろびのうた

雨降らし要員のスカーフニョロトノ
最初は脱出ボタンで使っていましたがラグラージの雨への依存度があまり高くなく脱出して欲しい場面も多くないと感じ、ニョロトノの単体性能を上げたいと思ったのでスカーフをもたせました。
Sはメガゲンガーを抜ける最速を確保し火力も失いたくないと思ったのでCにぶっぱしました。
技はハイポン熱湯冷凍ビームは確定でほろびのうたはあまり打たなかったので気合玉やめざパでもよかったかなと思いました。


ラグラージ@ラグラージナイト
性格:意地っ張り 特性:すいすい
ステータス:191(124)-222(252)-132(12)-×-133(24)-103(96)
技構成:滝登り/地震/冷凍パンチ/馬鹿力

雨下のエースメガラグラージ
トノラグの並びではメガ前のすいすい発動しないのを誤魔化すために守るを入れるのですがニョロトノが脱出ボタンを持っておらず、相手のパーティにナットレイがいるだけでラグラージを投げられないのはいけないと思い守るを切り馬鹿力を採用しました。
Sは雨下で最速135族抜き
火力が非常に足りていないので滝登りはアクアテールのほうがいいと思うこともありましたが怯みワンチャンにかけれる滝登りに落ち着きました。


ナットレイ@ゴツゴツメット
性格:呑気 特性:鉄の棘
ステータス:181(252)-120(44)-195(212)-×-136-22
技構成:パワーウィップ/ジャイロボール/やどりぎのたね/ステルスロック

トノラグでめんどくさい水ロトムのような水タイプを対処する枠
ガルーラもある程度ごまかして欲しいので物理寄りの配分にしゴツゴツメットを持たせました。
ファイアローやウルガモスなどの炎タイプも面倒だと感じたのでステルスロックを採用
電磁波をいれたいとも思いましたが切れる技がありませんでした。


霊獣ボルトロス@命の珠
性格:臆病 特性:蓄電
ステータス:155(4)-×-90-197(252)-100-168(252)
技構成:10万ボルト/気合玉/サイコキネシス/わるだくみ

トノラグが弱いガッサ以外の草タイプやスイクンを起点にしつつかつ突破できる枠として採用
サイキネはメガバナ 気合玉はナットレイに打つために入れました。
わるだくみを上手く積めれば三タテも狙える強力なポケモンだと思いました。


リザードン@リザードナイトX
性格:陽気 特性:かたいツメ
ステータス:161(60)-182(252)-131-×-105-159(196)
技構成:フレアドライブ/逆鱗/身代わり/龍の舞

ラグラージが倒せないロトムやナットレイ、構築全体で重いウルガモスを起点にできるメガ枠として採用しました。
メガボーマンダの登場により電磁波持ちが増えた印象を受けたのでニトチャ剣舞型ではなく身代わり龍舞にしました。
うまくハマれば相手に圧力をかけることが出来ましたが身代わりとフレドラでゴリゴリ削れたり逆鱗で固定されてしまったりなど慎重に扱わないといけないと思いました。


クレセリア@ひかりのねんど
性格:図太い 特性:浮遊
ステータス:223(220)-×-189(252)-95-150-109(36)
技構成:サイコキネシス/冷凍ビーム/リフレクター/ひかりのかべ

リザードンが舞うには壁などのサポートが必要だと思い壁クレセリアを採用
三日月の舞をどこかに入れたかったですが格闘に対しての打点であるサイコキネシスとマンダを削るための冷凍ビームはどうしても切れなかったのでこの技構成になりました。
クレセを起点にしてくるポケモンを裏で処理しずらかったのであまり出せなかった。


まとめ
壁クレセとリザX トノラグの並びは強いと思いましたがもう少しうまく使えればもうちょっと良い結果になったかな~と反省
当日は午前1-3のお通夜で対戦も適当になってしまい反省してもしきれません
うまくハマればラグラージも強力なメガポケモンになり得るポテンシャルを持っていると感じたので興味がある方は是非使ってみてください。

最後になりましたが微粒オフの運営やスタッフの方々、参加者の皆さんありがとうございました!
結果こそ振るいませんでしたが楽しめました!

【パーティ紹介】カバドリカイロス

一ヶ月一回更新のやるきのなさ
レートも勝てないしオフでてるわけでもないからあれだけど一応ポケモンはやってますよって感じの更新

五世代の頃強力だった軸使いたいってなりカバドリを使うことになり残りを色々に詰めた感じ
特に結果が出せたわけじゃないんでさらっと紹介
飽きたので公開

【構築】
450.png530.png127-m.png
381.png003-m.png130.png

カバドリを組む際、知り合いがカバドリ組んだのにカバドリ全然出さないって言ってたのを見て
カバドリを出せるカバドリを組もうと考えこの形になった
基本的にカバドリ@1で選出できるよう他のメンバーを固めた

個別解説

カバルドン@さらさら岩
慎重HD
岩石封じ/欠伸/吠える/ステロ

ドリュウズができるだけ使いやすくするためにさらさら岩
最低でも一回は仕事がしたいためHDの方に厚くした
Dに特化してるのにダウンロードでC上がるのがあれだった
浮いてる挑発持ちが鬱陶しかったのもあって封じワンウェポン


ドリュウズ@襷

意地AS
地震/アイヘ/雪崩/剣舞

ただの襷ドリ
Bに振って風船持たせたり身代わりしこんだりしたが
いまいちパッとせずこの形になった
普通に舞って全抜きできたから楽しかった(コナミ


カイロス@カイロスナイト
陽気AS
恩返し/地震/フェイント/剣舞

カバドリカイロスの形をとるためにカイロス
カバドリで重いバナとかをなんとかするやつ
使ってから思ったけどこいつ案外火力あって驚いた
使用感は非常によかったので今後も使いたい


フシギバナ@フシギバナナイト
控えめCS
ギガドレ/ヘド爆/めざ炎/吠える

カバドリバナの並び
どうしても一貫する水を見る枠
こいつって選出しやすいけど大活躍した試しがないから使うの苦手かも知れない


ラティオス@眼鏡

臆病CS
流星/サイコキネシス/波乗り/トリック

王道カバドリラティ
トリックをシャドボにしてたけど全然打たないから変えた
六世代でもわりと使えた


ギャラドス@ゴツメ
腕白HB
滝登り/氷のキバ/電磁波/挑発

ここまでガブガルが辛すぎるのでごまかす枠
威嚇撒いても鉢巻逆鱗耐えないし種族値あれだなって思った
グライとかもこいつで何とかしたい


カバドリを出すって意味で組んだので相手のパーティ的に
どうしてもカバドリ出せないときの選出幅が狭すぎる欠陥があった
カバドリがレートに良くいるポケモンに強くないのでそれが結果出せなかった原因かもしれない
カバドリが現環境でも強いかと聞かれると答えに困るが使っていて楽しかったのは確か

【第3回関西シングルFESTA使用構築】 草食系バンギグライ

6/14に行われた第3回関西シングルFESTAに参加してきました。
結果は予選6-1でブロック1位 本戦決勝ゼフロスさんに負けて準優勝でした。
前回のシングルFESTAに参加して以来、二回目のオフで準優勝できたのはすごく嬉しいです。

今回使用した構築はシーズン3の終盤から回していて委員会オフで使おうと思っていたものですが、
諸事情により参加できなくなったのでこちらのオフで使用することにしました。

【使用構築】
248.png472.png642.png
212-m.png184.png006-mx.png

この構築はまずマリルリとリザXの相性補完の良さに注目し
一貫するフェアリーを止めるハッサムをいれ
ハッサムとトンボルチェンで回せるボルトロス
そして最後にバンギグライが入ってきました。
最後にバンギグライが入ってくる構築とは()

選出回数
バンギラス 6/11
グライオン 4/11
ボルトロス 7/11
ハッサム  6/11
マリルリ  5/11
リザードン 5/11

全体的に満遍なく選出できており、置物となるポケモンがいなかったということでよかったです。
当日このポケモンだけは活躍しなかったというのもなかったですし非常に満足しています。


【個別解説】

バンギラス@拘りスカーフ
性格:陽気 特性:砂起こし
ステータス(努力値):175-186(252)-130-×-121-124(252)
技構成:岩雪崩/地震/馬鹿力/冷凍パンチ

構築を組み始めた時はメガバンギだったのですが
メガガルーラやガブリアス、メガルカリオなどが重かったのでスカーフに変更
噛み砕くを切って地震にした理由としては、噛み砕くは打つ場面が割と少なく、
それならクチートに打てたり一貫性の取れる地震を採用しました。
基本鬼火アローの上を取れているので鬼火の前に雪崩で倒せるのも非常に強かったです。
ただこの構築はマリルリに叩かれるととめるのが非常に困難になるので、
裏にマリルリがいそうな時は冷パン等が打ちづらかったのが少し辛かったです。
オフ当日では本戦の準決勝でHP満タンのメガフシギバナを雪崩で二回ひるませ
勝利に導いてくれました。雪崩バンギは神


グライオン@毒々玉
性格:腕白 特性:ポイズンヒール
ステータス(努力値):177(212)-123(60)-182(164)-×-95-124(72)
技構成:地震/ハサミギロチン/守る/身代わり

最強ギロチングライオンです。
H-Bを意地鉢巻ガブリアスの逆鱗受けた後身代わりが貼れるようにし、
Aは地震でガブリアスを確定3
Sを20振りサンダー抜きにしました。
オフ直前まで地震毒で使っていましたが
後述する複数のポケモンに毒を持たせたため
どんなときでもワンチャンを生み出せるギロチンを採用しました。
かなりガブリアスを意識した調整になっていますが、
最近は剣舞するガブが増えたように思えますので裏にマリルリがいなければ
基本バンギの冷凍パンチで処理していました。
オフではピクシーにギロチンを一発で当てたりとこいつも自覚が最強だった。


ボルトロス@拘りメガネ
性格:臆病 特性:悪戯心
ステータス(努力値):155(8)-×-90-176(248)-100-179(252)
技構成:10万ボルト/めざめるパワー飛行/気合玉/ボルトチェンジ

今回のオフのMVP
気合玉を6回打ち全弾命中 同速二回勝ち 小さくなる1積みに10万当てる
こいつの自覚がなかったら予選抜けは厳しかったと思います。
バナ意識でめざ飛にしましたがオフでもちゃんと刺さってくれました。
相手が電気一貫する選出をした場合の爆発力は目を見張るものがありました。
電気の一貫している構築が多めだったのでオフでは一番の選出率


ハッサム@ハッサムナイト
性格:意地っ張り 特性:テクニシャン
ステータス(努力値):175(236)-210(164)-173(100)-×-121(4)-96(4)
技構成:バレットパンチ/蜻蛉返り/毒々/羽休め

変わった調整の毒羽メガハッサム
バンギグライが思いっきりフェアリーを誘うのでそれをどうにかする枠
Aを削ってBに振った明確な意味はないですが
Aはぶっぱする必要性を感じなかったのでこうしました。
毒羽なら腕白にして耐久にがっつり割きたかったですが、
先述したようにマリルリに叩かれるときついので
叩いた後バレットで2発で倒せるほどのAは確保したかった。
グライが毒を持っていないのでこいつで毒を撒いてグライで嵌めに入るという
立ち回りも可能だったので毒を入れて正解でした。
6世代でもトンボルチェンは偉大だった。


マリルリ@オボン
性格:図太い 特性:草食
ステータス(努力値):207(252)-×-124(100)-88(68)-112(84)-71(4)
技構成:熱湯/冷凍ビーム/毒々/滅びの歌

この構築の完全な地雷枠
構築名の草食系はこいつから来ています
以前はチョッキマリルリを使っていたのですが
ポイヒガッサとエルフドランがこの構築重いなと思っていたらこいつにたどり着いた。
H-Bはステロ込み意地メガバシャの雷パンチオボン込み二耐え 残り適当。
メガバシャの雷パンチ二耐えするのに決勝で舞われてオボン死亡した時は笑ったよね。
こいつも毒を持ってるので毒撒いてグライ 滅びしてグライという立ち回りが一応可能
オフ後に冷ビじゃなくじゃれつくじゃだめなのかという質問をされたが
Aに努力値を割きたくないのとコットンエルフやムキムキガッサに有効打がなくなるのは
採用理由的になしなのでこの構成にしました。
地雷枠だしレートでも全く選出しなかったのに5回も選出したのは謎すぎる。
ピクシーをよく見かけたので滅びが刺さった。
正直軽くネタ要員で入れたのに活躍させれたのはすごくよかった。


リザードン@リザードナイトX
性格:陽気 特性:硬いツメ
ステータス(努力値):185(252)-155(36)-132(4)-×-119(108)-147(108)
技構成:ニトロチャージ/ドラゴンクロー/鬼火/羽休め

調整はぺもさんのブログを参考にしました
最近よく見るようになったリザX
調整先は参考先に書いてあるので割愛
ライコウなどの電気を起点にニトチャ積んで出てくる物理に鬼火入れて詰ませる。
鬼火羽ならアローでやろうという意見をたまに見ますが
電気や水を等倍以下で受けれる優秀なタイプがあってこそできる仕事だと思いました。
オフではニトチャ積んでそのあと3タテという試合があったので
この型はやはり強いと改めて思いました。

構築の総括
特殊真空波メガルカリオ パルシェン マリルリ メガバシャがすごい重いです。
やはりこういう毒でちまちまやる構築は積み系のポケモンが重くなりがちですね。
パルシェンのKPは3だったのですが二回も当たって涙が出そうでした。
積まれるととめれないのでそもそも積ませないように立ち回らなきゃいけなくなり
そうするとその他のメンツの処理がカツカツになるのでそこが課題でした。
決勝見てこの構築記事を見た人は気付いたかもしれませんが、
決勝でメガ二体選出をしています。
準々決勝でも同じことをしました。
わかっていてやったのでいいのですができるだけそういう選出は避けたいので
それもこの構築の改善点かなと思いました。


まとめ
レートで回していて結構勝てたし自信がある構築だったので
準優勝という結果を残せてかなり満足しています。
ただ予選も本戦も下手なプレイングを運でカバーということが多々あり
自分の未熟さを改めて思い知らされるオフでもありました。
決勝は放送されましたがかなりぼこぼこにされたので恥ずかしいばかりです。。。
ポケモン以外でも今回のオフは知り合いが多く交流の面でも楽しめました。
とても楽しかったです。 これからは勉強が忙しくなるので関西は行きづらくなりますが
また機会があれば参加したいと思っています。

最後になりましたが第3回関西シングルFESTAの運営の方やスタッフ、参加者の皆さんありがとうございました!





プロフィール

ゴウ

Author:ゴウ
ポケモンを適当に嗜んでる
詳しいことはTOP参照

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。